46歳の365日(笑)

46歳…毎日一生懸命生きてます

私の今後を考える…③

私の今後で考えないといけないことの大きいものは両親のことと、自分の年金保険からの借り入れがあることです。で、今回は両親のことを…

 

私の自宅から車で小1時間ほどの実家。こちらは最寄り駅まで歩いて25分。

バス停まで歩いて10分。隣の駅までしかバスは出ていません。歩いていける範囲には買い物出来るとこはなく…歩いて10分の所に自販機が1台。車で15分かかる場所にスーパーと100均、薬局が同じ敷地にあり、そこを利用しているみたいです。

父は71歳、母が68歳です。家は築80年近くの古い民家で二階の床が抜けそうにきしんだり、縁側の廊下は抜け、土間やらなんやら段差ばかり、仏間の土壁は向こうにたくさん光が見え…夏場はすごい虫で一年中ムカデの危機に怯え…冬は隙間風でどうしようもなくもう劇的ビフォーアフターに出せるくらいの家です。(笑)

 

なかなか頑固でほんとに情けないくらい問題が山積みな2人。もう恥ずかしすぎて全部書けない…

半年ほど前までは何度も少しでもいい方向に向かうように話しをしようと実家に帰ったり、電話したりしたんですが、ほっといてーの一点張りでほんとに話しになりません。縁も切ってくれたらけっこうーって…切れるもんならとっくに切ってます…(涙)

父は私よりも頑固だから私の話し方は当然受け入れがたく、娘にいろいろ言われるのも嫌らしくケンカ越しで…もちろん私もそんな両親に冷静に話し続けることが出来きるわけもなく結局最後はお互いケンカ越しになってしまいます…ほんとに…縁なんてもう切れるもんなら切ってるし、私は知らんで何事もどうにか済むならそうしたいよ…と何回わめいたことか…

 

でも私は息子くんに自分の実家の親の事まで背負わすことは出来ません。私が離婚すれば…息子くんは私とダンナさんの両方の老後に関わっていかないといけなくなります…息子くんには相談出来る兄弟を作ってやれなかったので1人でいろんなことに対応していってもらわないといけなくなります…1人のことはほんとに申し訳ないですが…でもだからまだ元気なうちに自分の両親のことはどうにかしておきたい…

 

私が両親のことをどうにかしようとすることで息子くんにまで迷惑掛けてしまうならどうにもならなくなるまでほっとおこうと最近では思ってしまっています…

 

両親には両親の言い分と考えがあるのかもしれませんが…

どちらかが亡くなった時や、どちらかが介護が必要になった時のことを見据えるとか子供に世話にならないとかは考えてないみたいです…多分…

ほんとは私だってどうなるかなんてわかりません。でも息子くんにはなんとか迷惑をかけないでいたい…それが親の私のできることやと思うからー、将来どうしてもなんらかの形でお世話なってしまうとは思いますがそれまでは…と何故同じように両親は考えてくれないんだろ〜。育てたから親のことはして当たり前なんてー私は間違ってると思うよー(涙)

 

 

でも両親は私の家庭のことを詳しく知らず…金も出さないのに口出すなと言わんばかりです…

今まであんたらの為にしてきたんやから…と言葉の端々にいろいろ出てる両親ですが、ありたけの頭をひねり、聞けるところには聞いて…いろいろ話すんですが聞く耳を持ってくれなて…

親子だからこその難しさがあるのかもしれませんね…

息子くんの為にも私自身の生活は健康に気をつけて、出来るだけ身軽に生活して出来るだけ頑固にならないように今の気持ちを忘れず生きていかなくては〜としみじみ思う日々です…

 

他人のことを話すより自分のことを話す方が楽だからついつい話しすぎしまう私。ここを、みてる会社の人がいたらほんとにちょっぴり恥ずかしいなと思う日々です。